PR記事:【タケシカプロジェクト】とは、小さなまちに宿る、小さな命の物語です。

「なくならんくてもえかった命なんよね。この命を繋げていくために、なんかできんかね?」
竹原地域で長年活動するとある猟友会の方がつぶやいたひと言に動かされたtakeshikaのメンバー。
シカやイノシシ=害獣=悪者。
そんな方程式が完全にできあがっていたから…
そこで立ち上がったプロジェクトが「タケシカプロジェクト

目標金額は500,000円のクラウドファウンディングプロジェクトになります。

takeshika

広島県竹原市にて、2015年より農村に被害を及ぼすとされる鹿と猪の害獣駆除によりいただいた命を皮を革にすることで、命をつなげることになるのではないかと考え、鞣した猟師さんの考え方に共感し取り組みを開始しだした、革の知識も全くなかった革職人でも、猟師でもない一般人です。
講師の先生に教えてもらいながらの、いちから学ぶ教室には、鹿革、猪革の魅力にとりつかれたヘンタイ女子が集まり、自分だけの作品つくりに夢中になっています。
野生の動物=養殖ではない天然物ということで、傷やムラ、ひっかいた跡までも動物の半生を垣間見るようだと萌え、世界にひとつしかない革を楽しんでいます。

*このプロジェクトは目標金額に関わらず、2017/09/07 23:59までに集まった金額がファンディングされます。
タケシカプロジェクト

色々選べる支援プランです。